乳酸菌の基本を確認しよう

Home

乳酸菌入りヨーグルトの食べ方

スーパーやコンビニで手軽に入手できるのが、乳酸菌入りヨーグルトです。ヨーグルトに入っている乳酸菌http://www.giltclub.com/yogurt.htmlにもいくつか種類があります。

L-92、LG21,ガセリ菌SP、BB536、LB81、R-1、植物性などなど、生きたまま腸に届くものやトクホ製品もあります。また、複数の乳酸菌が入っているヨーグルトhttp://www.nflflag.jp/syurui.htmlもあります。

それぞれ、食べた人との相性や効果に得意分野があるようです。
例えば、アトピー性皮膚炎に良い影響を与えるヨーグルトは、ビフィズス菌ではなく、ラクトバチルス系のLB81、L-92などの乳酸菌が入った製品です。

あると胃がんになりやすいと言われる、ピロリ菌対策なら、ラクトバチルスガゼリ株のLG21乳酸菌、ビフィズス菌BF-1があります。

皮下脂肪を減らすなら、ガゼリ菌SP株、L-92乳酸菌http://www.oshkoshgallerywalk.com/l92.html、ビフィズス菌、LB81、Lガゼイシロタ株でしょう。便秘改善効果もあり、腸内環境改善に役立つので、ダイエットに利用されています。

花粉症http://www.itchstudios.com/psg/doctorwho/doctorwho.htmの体質改善には、BB536菌、R-1株、植物性などが向いています。 インフルエンザの免疫力アップには1073R-1菌が有名です。他にはBB536菌、ガゼリ菌SP、クレモリス菌FC、プラズマ乳酸菌http://www.koozba.com/purazuma.html入りの飲料水などに同様の効果が期待できます。

ご自分との相性を確かめるには、最低でも7日以上同じ乳酸菌の入った製品を食べ続ける必要があります。ゆっくり試しましょう。

↑ PAGE TOP